【2024年版】おすすめ電話占いランキングはこちら!!

霊視占いとは?霊感占いとの違いは?

霊視占いとは、霊的な存在や相談者のオーラなど、通常は目に見えないものを視てメッセージを読み取る占術です。

霊視占いができる占い師は、恋愛や仕事の悩みに対するアドバイスをしたり、相談者の過去・現在・未来まで視ることができます。

霊視占いとよく混同されるのは「霊感占い」です。霊感占いでは相談者の守護霊やご先祖様などと交信し、相談者の悩みや不安を解決するために利用されることが多いです。霊視と霊感の違いを以下にまとめました。

霊視と霊感の違い

霊視:霊的な存在や対面している人のオーラなど、通常は目に見えないものを視る能力のことをいいます。占い師が直感や洞察力でエネルギーを受け取り、そこから読み取った情報を解釈して相談者にアドバイスとして伝えます。

霊感:霊的な存在と交信し、思念や真実を感じ取る能力のことをいいます。霊感がある人全員が霊的存在から受け取った情報を正確に解釈できるわけではないため、経験のある占い師による解釈が求められます。

霊感占いと霊視占いで共通しているのは「個人情報が必要ないこと」「遠く離れた場所でもオンラインで占いができること」です。

大きな選択を迫られているがなかなか答えが出せない・目的がなく生きる希望がないなど、悩む日々が続いている方やネガティブになっていると感じる方は、霊視・霊感占いでアドバイスをもらうと今後の方向性が見えてくるかもしれません。

霊視占いを行うには基本的に「相談者に悩みがあること」が前提になります。何も悩みがない方や霊の存在を信じていない方が行っても正しい結果は出ないため、悩みがあり誰かにアドバイスをもらいたいときに占ってもらいましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
この記事の目次