【2024年版】おすすめ電話占いランキングはこちら!!

姓名判断とは?

姓名判断とは日本で昔から行われてきた占術の1つであり、姓と名の画数や古代中国の陰陽五行説・名前の響きやバランスなどで、名前の吉凶を占います。

姓名判断では、祖先運を表す「天格」主運を表す「人格」初運を表す「地格」外格を表す「助運」総合運を表す「総格」の5つの運気を見ることで、一生涯の運勢がわかります

姓名判断で見る運気
  • 天格:家系やご先祖様から受け継いだ運気や、自力では変えられない運命がわかります。天格を変えたい方は改姓するか結婚をする必要があります。
  • 人格:姓の最後の漢字と、名の最初の漢字の画数の合計値で中年期の運勢を占います。人格は仕事運・家庭運・結婚運に影響します。
  • 地格:名前の画数の合計値で幼少期の運勢を占います。地格は性格・才能・適職・金運などに影響します。女性の場合は結婚しても変わらない運気は地格のみなので、姓名判断の際は地格を特に重視しましょう。
  • 外格:総格から人格を差し引いた値で、社会における対人運を占います。主に会社の上司や同僚・友人や配偶者など、人生に関わる人との関係性がわかります。
  • 総格:姓と名の画数を足した値で占います。総格は生涯の総合運を表しており、晩年期の運勢に特に影響があるといわれています。

生まれてくる子供の名前を占ってもらう際は「地格」と「総格」を特に重視し、占いの結果を参考にして字画の調整や名前を変更することをおすすめします。大人になってから姓名判断を受ける際は、今後の人生をより良いものにするための参考として結果を活用しましょう。

姓名判断はその人の運命や人格を完全に決定するものではありません。私たちは生きていく中で自分で意思決定や行動をすることにより、運命を変えていくこともできます。姓名判断はあくまでも今後の人生を「予測」するもののため、名前をつける際の参考程度にしましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
この記事の目次