【2024年版】おすすめ電話占いランキングはこちら!!

数秘術とは?

数秘術とは、生年月日や姓名を数字に変換して、個人の性格や仕事・結婚時期や運気の流れなどを読み取る占術です。数秘術を創設した人物はピタゴラスであるといわれていますが、数千年前から使われていたという記録もあり、古代から使われてきた占術でもあります。

数秘術は流派により使用する数字は違いますが、一般的に1~9とゾロ目が使用されます。1~9が表す意味を以下にまとめました。

数字が表す意味
  • 1:「はじまり」「リーダーシップ」を表します。カリスマ性もあるので目立つ存在です。
  • 2:「優しい」「控え目」を表します。サポートタイプなのであまり目立つことはありません。
  • 3:「元気」「エネルギッシュ」を表します。子供っぽい一面がありますが人生を楽しむタイプです。
  • 4:「安心」「安定」を表します。真面目にコツコツと頑張っていけるタイプです。
  • 5:「成長」「変化」「情報」「体験」を表します。すぐに行動にうつしていけるタイプです。
  • 6:「愛」「調和」「思いやり」を表します。自分よりも相手の喜びを優先するタイプです。
  • 7:「探求」「分析」「洞察力」を表します。ささいなことにも興味をもち探求できるタイプです。
  • 8:8は横にすると無限大(∞)になるため「パワフル」「欲に忠実」を表します。
  • 9:1~8まですべてを経験している9は「客観」「達観」を表します。包容力に優れているタイプ

数秘術の方法も流派によって違いますが、生年月日を利用する方法が一般的です。1992年3月12日生まれの場合、1+9+9+2+0+3+1+2=27、2+7=9となり、この場合の運命数・誕生数は「9」になります。

占い師は運命数を基に相談者にアドバイスをします。基本的には今後の人生において有益な情報となるため、結果を参考に人生設計を立てるのもいいかもしれません

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
この記事の目次