本当に当たる電話占いおすすめランキングを更新中!

鏡占いとは?

鏡占いとは、日本で古代から行われてきた占術の1つで、手鏡またはスタンド鏡を使用して鏡の中の自分に質問をし、現在の運勢や運気の吉凶・問題解決への見通しなどがわかる占術です。

鏡占いは一般的には以下の手順で行います。

鏡占いの手順
  1. 鏡の準備:自分の顔全体映る手鏡・またがスタンド鏡を用意します。注意点として、普段から使っている鏡だと本心を引き出せない可能性があるため、鏡占い用の鏡を用意しましょう。
  2. 鏡の前での準備:鏡を使用する前に集中力を高めるために特定の儀式や祈りを行います。瞑想をすると心が落ち着き、リラックスした状態で鏡占いに臨めます。
  3. 鏡を見る:鏡を見つめながら自分自身に質問したいことを心の中に想い浮かべます。このときに鏡の中にいる自分は別の人物だと思って見ると質問がすんなり入っていきます。
  4. 鏡の中の反応:質問に答えているときの自分の表情や、鏡の周りに現れる色や模様・光などを観察し、覚えておきましょう。
  5. 結果の解釈:鏡に映った自分の表情や周りの状況を思い出しながら、今の自分の状態や運気を解釈します。

鏡占いはリラックスしているときに行うことが望ましいため、時間帯は関係なく家でくつろいでいるときや、寝る前にやることをおすすめします。鏡占いの解釈はネットや本で調べながら行うとわかりやすいため、慣れるまでは毎回調べながら行いましょう。

鏡占いは、日本の神道や陰陽道・霊的な信念と深く関連しているといわれているため、占い師によって解釈が異なります。あくまでも結果は参考程度に捉え、重く受け止め過ぎないようにしましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
この記事の目次